×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

MG ジョニー・ライデン専用高機動型ザクU






みんな大好き、強くて格好いいで評判(?)のジョニー・ライデンが駆る高機動型ザクUです。

《改修ポイント》
・頭部と胸部の肉抜きの処理
・シールドの厚みと横幅をプラ板で1mmずつ延長
・フロント、リアアーマーをプラ板で大型化してサイドアーマーとの隙間を小さく
・センサー類、スパイク、脚部に金属パーツと市販パーツを使用








実戦で塗装が剥げた感じを出すために、シリコーンバリアを使用しました。
下地にブラック系の色を吹き、シリコーンバリアを筆塗りしてから基本色を吹きつけました。
こうすることで爪楊枝でパーツを擦ると基本色だけ剥がれて下地が残ります。
 







武器のセンサーはキットのクリアーパーツと金属パーツ&市販のレンズパーツの二重構造です。























ヒートホークは待機状態と発熱状態の2種を製作。











パッケージアート風に


以上、MG ジョニー・ライデン専用高機動型ザクUの完成レビューでした。
傑作キットと言われるザクUVer,2.0のバリエーションということでいい出来なのですが、あまりにもジャイアント・バズが持たせづらいので専用持ち手が欲しかったです。

そして、今回はじめてシリコーンバリアを使った汚し表現に挑戦してみましたが、加減が難しかったです。
もうすこし自然な感じに塗膜をはがせるようになりたいものです。


戻る